ご依頼者様

産業廃棄物収集運搬業許可を取得したいのですが、そのために必要な条件はありますか?

当事務所行政書士

産業廃棄物収集運搬業許可を新規で取得しようとする場合は、
1.収集運搬用の車両を持っていること、駐車場を確保していること
2.公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが開催する講習会を受講、修了していること
3.経理的基礎があること【財務が健全な状態であること(債務超過、赤字決算等ではないこと)】
4.欠格要件に該当していないこと(後見開始の審判を受けていないこと、反社会的勢力との関わっていないことなど)
詳細はこちら
上記1~4の条件を満たす必要があります。

ご依頼者様

上記1~4の要件を満たしている場合には、まずはじめに何から始めればよいですか?

当事務所行政書士

上記の要件を満たしている(欠格要件に該当していない)場合は、まず公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センターが開催する講習会の受講予約をしてください。
講習会の予約はWEBからの申し込みのみとなっており、証明写真データを用意する必要があるなど、予約の手続きが難しいところが多々あります。当事務所にご依頼を予定の方でしたら、当事務所の方で予約を代行できますので、ぜひご検討ください。
受講の予約をしつつ、申請書類の収集・作成にも着手することで、最短で申請ができます。

ご依頼者様

許可取得を急いでいるのですがどれくらいの期間で取得できますか?

当事務所行政書士

産業廃棄物収集運搬業許可申請の場合、申請後おおむね60日程の審査期間があります。この審査期間は短縮できませんので、最短で取得するためには、申請までの準備期間をできる限り短くしたうえで、補正や修正などのないように正確な書類を提出する事が求められます。当事務所は豊富な経験により最短で申請するスキームをご用意しています。

ご依頼者様

産業廃棄物収集運搬業許可の更新はどれくらい前から準備すればよいでしょうか?

当事務所行政書士

産業廃棄物収集運搬業許可の有効期間は5年間となっています。更新の手続きは許可の有効期限日の2か月前の月から申請ができます。期限日までに更新申請をすれば大丈夫ですが、期限日ぎりぎりではなく余裕をもって申請することが望ましいです。また、余裕をもって更新期限の1年以内に開催される更新の講習会を受講することがおすすめです。

ご依頼者様

手続きにかかる費用の総額を教えて欲しいのですが?

当事務所行政書士

費用の総額は個々のケースによって様々ですので、事前に必ず総額のお見積もりを作成いたします。ご依頼後に追加料金が発生することは一切ございませんのでご安心ください。
一例ですが、法人様の新規申請で「産業廃棄物または特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会」の修了証をお持ちの場合は、その他の許可要件を満たすことを条件で、埼玉県の新規許可取得でしたら、当事務所報酬55,000円(税込)および申請手数料81,000円、その他実費の合計で、約15万円程度のお支払いとなります。
(埼玉県の許可の更新手続きでしたら、当事務所報酬44,000円(税込)および申請手数料73,000円、その他実費の合計で、約122,000円程度のお支払いとなります。)

ご依頼者様

更新期限がぎりぎりなのですが間に合いますか?

当事務所行政書士

まずはお電話、またはお問い合わせフォームのいずれかからお気軽にお問い合わせください。間に合うかどうかは何日前なのか、どのくらいの書類がお手元にあるかどうかなどで判断いたします。
最短で許可が切れる5日前の申請に間に合ったケースがございます。
各々のケースによって変わりますが、あきらめずご相談ください。
なお、一旦許可が切れてしまいますが、許可切れによる新規申請は通常の新規申請よりも簡易的な書類で申請ができる場合もありますので、こちらも合わせてご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。048-577-8044受付時間 9:00 - 22:00 [ 土日祝日対応 ]

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。