産業廃棄物と一般廃棄物の違い

時によっては一般廃棄物でもあり、産業廃棄物でもある

私たち人間が、日常の生活を送る中で、ゴミの問題は必ず発生します。

たとえば、ビニール袋や空き缶、空き瓶、紙などの実に様々なゴミが発生しますが、これらは大きく一般廃棄物と産業廃棄物の2つに分類することができます。

同じ木くずのゴミでも、木材の製造工場で発生した木の切れ端といったくずと、他方でDIY等の個人宅で発生する木くず、では前者であれば産業廃棄物となり、後者であれば一般廃棄物に分類されます。

産業廃棄物とは、「事業活動に伴って発生した20種類のもの」と廃掃法という法律で規定されています。

産業廃棄物と一般廃棄物の区分は、質的に悪いかもしくは環境汚染の原因になる恐れがあるかどうかが一つの判断基準となります。

上記の例で、木材を製造している工場から発生する木くずの量は多量で、耐火や防腐、防カビといった特殊加工されていることが一般的で、これは質的にも環境に悪影響である恐れがあります。

それが理由で、木材の製造工場から発生する木くずのゴミは、産業廃棄物に分類されます。

産業廃棄物が発生したきっかけは、1970年代の高度経済成長に伴う公害問題でした。

工業の発展によって、産業廃棄物が大量に発生し、それに伴って多くの汚染水や大気汚染が発生しました。

四日市等の工業都市では四日市ぜんそくが発生し、人体に深刻な被害をもたらしたという歴史は皆さんも学校で学ばれたかと思います。

ゴミの性質や有害性といった見地から、適正な処理をしないと環境汚染の原因となってしまうものを産業廃棄物として定義しました。

産業廃棄物の中でも、爆発性や毒性、感染性が強く、健康被害や生活環境に悪影響を及ぼす可能性のあるものを「特別管理産業廃棄物」と分類されるものもあります。

産業廃棄物収集運搬業の許可には、一般の産業廃棄物と上記の特別管理産業廃棄物(特管産廃)の2種類の許可があり、病院や介護施設などから発生する毒性や感染性の強いゴミの収集運搬を行うには、一般の産業廃棄物ではなく、特別管理産業廃棄物の収集運搬業許可を取得する必要があります。